文字通り、いろえんぴつプロジェクトがつくる劇場です。

とは言え、立派な建物を持っているわけでも、建設中なわけでもありません。

「これは、観てもらいたいよね!ね?ね?」

というようなワクワクするプランに導かれ、

「どんな子どもたちにも、おとなにも、気軽に観に来てもらいたい」から、

「学校の体育館を劇場」にしたり

「子どもたちに、生の語りの凄みを感じてほしい」から、

普通の座敷部屋を「朗読おばけやしき」にしたり

 

どちらかというと、劇場以外で上演することが多い(いまのところ)のが、

「いろえんぴつ劇場」の特徴です。

そして、そこは劇場らしく、

「演劇」という表現方法をとても大事に考えています。

さらに、子ども時代にこそ、

演劇という「生身の人間が演じる」姿、表現に触れてほしいと強く思っています。

 

「演劇」は、関係性の芸術とも言われます。

生身の人間が舞台上で表現する感情、物語に、

観るものはさまざまな心の動きを経験し、共感や疑似体験を覚えます。

子どもたち一人ひとりに、その子だけの「心の時間」を提供できる

それが「演劇」なのです。

登場人物への感情移入は、子どもたちに自分自身のことを考え、

他者を思うきっかけをつくってくれます。

だからこそ、子どもたちが(そして昔子どもだったおとなたちも)

気軽に来られる場所で「演劇」という舞台芸術にふれてほしい。

そうした想いから生まれたのが

いろえんぴつプロジェクトがつくる「いろえんぴつ劇場」です。